ヨーロッパの街角から

ヨーロッパ生活での美容・おいしいもの・旅行、ときどき語学ブログ。フランスとベルギーが多めです。

ヨーロッパでマクドナルドに訪問!


f:id:dreamit:20180725185325j:image

 今回は物価の高いヨーロッパで庶民の味方!マクドナルドについてです。

このGentゲントのマクドナルドは外観も素敵ですね~~~



日本やアメリカにはないですが、注文をタッチパネルですることも可能です。

最初の画面で英語を選べるのでフランス語・オランダ語ができなくても安心安心❤

ただこちらクレジットカードがないと決済できないことが多いのでご注意を(;^_^A
f:id:dreamit:20180725184750j:image

 



タッチパネルじゃなくて口頭で注文されたい方は注文カウンターへ。

 

このマクドナルドは注文カウンターに”BESTELLEN”とオランダ語で書かれています。”to oreder"って意味ですね。

 

メニューはだいたい日本と一緒。メニューになかったけどシェイクある?って聞いたらありました。店員さんは正直あまり英語は伝わらなかったです。まぁチーズバーガーとかストロベリーシェイクとかは世界共通なので伝わります。

 

感動したのはハンバーガーが€1、チーズバーガーが€1.5(単品)だったこと。アメリカでもハンバーガーは$1だったけど、この物価のたかいヨーロッパで€1とは!!!安い°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

 

ちなみにヨーロッパの人はお持ち帰りを”Take away"と聞いてくる方が多いようです。ここで食べるは”Stay"だったり””eat in"だったり・・・。

アメリカだと99,99999%、お持ち帰りは”To go”、ここで食べるは"for here"だったけどね。イギリス流の言い方なのか、単に英語は適当なのか・・・
f:id:dreamit:20180725184833j:image

f:id:dreamit:20180725184854j:image

 

 

 注文をして支払いが終わるとこんな番号がかかれたレシートをもらいます。

 

(↓ほら、ハンバーガー€1、チーズバーガー€1.5って一番上に書いてある)

わたしはその二つに加えてHappy mealというのを頼みました。日本でいうハッピーセットみたいな感じかな。

メイン、サイド、ドリンク、デザートに加えプチおもちゃが付いてきます。ちなみに私はドリンクを入れ忘れられてしまいました。こうゆうの海外あるあるです。商品を受け取ったら自分でかくにんしましょう。


f:id:dreamit:20180725184923j:image

 

 

受け取りはこちらのカウンターで。”AFHALEN"は”Pick up"という意味です。

受け取りカウンターすごい混んでて20 分待ち・・・(;''∀'')

自分の番号が呼ばれたら(といっても番号をオランダ語で呼ばれてもわからないので一番前に陣取って様子をうかがっていましたが)商品を受け取ります。

上のAFHALENって書いてある横のモニターにも進捗状況がでますのでそちらを見てればなんとなく状況がわかるシステムでした。

f:id:dreamit:20180725184945j:image

 

無事初マックに成功°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°チャンチャン。

あっ、ヨーロッパではトイレは有料(€0.5とか)だからトイレ行くときは財布もっていってね♪