ヨーロッパの街角から

ヨーロッパ生活での美容・おいしいもの・旅行、ときどき語学ブログ。フランスとベルギーが多めです。

【海外赴任/駐在/移住】日本から持って行くべきもの スキンケア編

f:id:dreamit:20180916073938j:plain

日本からヨーロッパ持っていくべき物、持ってくるべき物(スキンケア)編です。 引越し準備前に読んでね♪

 

フランス、ベルギーなど、ヨーロッパの硬水地域に住む方には特に参考になるかなと思います!

 

わたしの大好きな、イオンスチーマー使用した美容法の流れで、持っていく必要があるもの・無いものをご紹介❤

 

目次

 

 

 

イオンスチーマー

美容大好きな私はイオンスチーマー押しです°˖✧

もちろんアメリカ帯同の時も、今回のヨーロッパ帯同にも持ってきています。

 

アメリカではそのまま使えたけど、ベルギーでは変圧器を使用しないと使えないのが少々面倒ではありますが、アジア人向けエステ(タイマッサージくらい?)なんてない欧米ではかなり大活躍です。
f:id:dreamit:20180831171855j:image


パナソニック イオンスチーマー ナノケア 紫 [ホワイト] / EH2470-V

 

 

乳液・クリーム・オイル

イオンスチーマーを浴びながら、最近お気に入りのWAAM(フランスのナチュラル系コスメ。)のアルガンオイルでフェイシャルマッサージをするのが好き。このオイル、ベルギーの薬局di!で€15くらいでした。使い心地もなかなか良い◎

f:id:dreamit:20180831171750j:image

 

オイルやクリームなどはヨーロッパ製品のレベルは日本より高いくらいなので、現地で調達OK◎

 乳液というくくりの商品はあまりないので、どうしても化粧水のあとは絶対乳液!とい方は持ってきた方がよいでしょう。

特に鼻の毛穴はスチーマーを浴びながらオイルでくるくるマッサージすると、汚れがとれるので、念入りに・・

 

こうゆう↓美顔器買ってくるんだったな・・・

 

 

クレンジング

マッサージのあとは、かるくふき取り化粧水で拭き取ります。

わたしはYVES ROCHERの化粧水とクレンジングが1つになった2 in 1。コットンで拭き取るように使います。
f:id:dreamit:20180831180842j:image

 

ヨーロッパのクレンジングは拭き取り式がほとんどです。クリームタイプとかジェルタイプとかを使用したい方はもってきましょう

あとふき取り式でOKなかたも、柔らかいコットンは売っていないので(こっちのコットンはうすくてかたい)、お好みのコットンがある方は持ってきた方が良いかと思います。

 

なぜ現地の人は拭き取り式を好むかというと、フランスもベルギーも水が硬水でカルキをたくさん含んでいるため水を直接肌につけるとめちゃくちゃ乾燥するんです。なるべく水を顔につけないで済むように・・・とふき取り式洗顔になるわけです。

 

でもやっぱり、私は夜寝る前はメイク落としをお湯で流したいので、シャワーヘッドを浄水タイプに。今のところ、日本と変わりない肌の状態を保ててますよ♪

 

わたしが使っている浄水シャワーヘッドはイオナックというものです。

 

日本国内から購入の方はこちらから(フィルターは3か月で交換が目安です)↓↓↓


【送料無料】 国内配達の方 【ionac】 イオナック本体 シャワーヘッド

 


【送料無料】 国内配達の方【ionac】 イオナック 交換フィルター

 

海外からご購入の方はこちらから(フィルターは3か月で交換が目安です)↓↓↓


海外配達の方 【ionac】 イオナック本体 シャワーヘッド(ご購入15,000円以上で送料無料!)

 


海外配達の方  【ionac】 イオナック 交換フィルター (ご購入15,000円以上で送料無料!)

 

浄水シャワーヘッドの詳しい使用感についてはこちらに書いています↓↓↓

blog.live-dream.com

 

パック

WAAMのクレイパック。これが今かなりお気に入り❤€10しなかったプチプラ!
f:id:dreamit:20180831180905j:image

 

白い粉を水にといて、 肌にこんな感じで載せて10~15分くらい。この時もスチーマー浴びてる(パックが乾燥するのがあんまり好きじゃやないので・・・)洗い流した後はつるつるでくすみがとれて、一段明るい肌になります✨
f:id:dreamit:20180831181025j:image

 

パック類は色々ありますね。ただ、日本みたいに大量にシートパックが入っていて安い!という商品は無いです。シートパックは安いもので1枚€3くらいです。

 

保湿化粧水

最後は保湿化粧水で保湿。

日本から持ってきた無印良品の高保湿タイプを使用しています。

 

ヨーロッパの方々は化粧水で保湿という習慣はなく、ふき取り化粧水兼メイク落とし➡クリームで保湿という習慣なので、保湿化粧水というのはほとんどありません

なのでバシャバシャ化粧水で保湿したい方は日本から持っていくべきでしょう!
f:id:dreamit:20180831181010j:image

 

このあとはパリのシティフォルマで購入したコーダリーのセラムとクリームでケアして終了♪