ヨーロッパの街角から

ヨーロッパ生活での美容・おいしいもの・旅行、ときどき語学ブログ。フランスとベルギーが多めです。

ベルギーで歯医者へ行ってみた。 ヨーロッパに引っ越す前には必ず日本で歯医者に行きましょう

今回、奥から3番目の歯のかぶせ物が取れてしまいました。

 

女医さんからは無情にも、€600(70000円❕)のセラミック治療を言い渡されたのです。。

ヨーロッパに住むみなさんは絶対にかぶせ物(どんなにぼろっちくみえても)をなくさないで!

 

この歯医者。
f:id:dreamit:20180911053653j:image

 

きれいな待合室。
f:id:dreamit:20180911053632j:image

 

幼稚園生くらいの子供の治療もしてくれるらしい。
f:id:dreamit:20180911053622j:image

 

トイレには歯ブラシのサービスが。日本みたいだー
f:id:dreamit:20180911053613j:image

 

どきどきしながら進むと
f:id:dreamit:20180911053559j:image

 

なかなかきれいな治療室です!日本に負けてない!

助手さんとかはいません。

完全プライベート。1人45分とかで予約を管理してるから遅れると怒られます
f:id:dreamit:20180911053530j:image

ちなみに、

先生は若い美人な女医サンです。英語で説明してくれます。
f:id:dreamit:20180911053520j:image

先生には安くやりたいなら1年くらいしかもたないけどレジンでやる代替案もあるといわれました。そうすると€110くらい。

 

日本でもセラミックだと10万円ちかくするのですが、最近はかぶせもCAD CAM冠というレジンより強く、銀歯より審美的にも美しい素材が保険適用となっているようで。。

テンポラリーにレジンで治療して日本に帰ってからCADCAMでやってもらおうかな。。と心が揺れ動いております。。

 

 

※のちにこの先生は不親切(失礼)なので行くのをやめてしまいました。

わたしの持ち時間が45分の日があったのですが、その日は相談だけになり、20分くらいしてちょっと今後の治療の方針のことで迷ってたら、次の人がいるからもう帰るようにいわれ、さらにあなたの支払いはほかの人より少ないのよ(その日は治療がなくて相談だけだったので€30くらいでした)と言われ・・・

ベルギー人、、というかヨーロッパ人(特に西ヨーロッパの都市部)あるあるですが、最低限以上はやさしくしてくれません。お医者さんだけではなく、お店の店員さんも、レストランの店員さんもです。文化の違いですかね。日本みたいに”お客様は神様”文化ではありませんから・・・

 

 

そのあと行ったストッケルのHenrad Paul 先生はすごくよかったです。日本人が良く来るみたいで日本語も結構知っていました。フッ素、虫歯、麻酔、痛いなどは日本語でいってくれます。英語はもちろん話せます(予約は英語でしました。)。

簡単な虫歯治療で€80くらいでした。設備は前述の女医さんほど新しくはなかったですが、先生の感じが良かったので今後はこちらにしようと思います。

Stockel, Woluwé-Saint-Pierre

Val des Seigneurs 7
1150 Woluwe-saint-pierreBelgium
02 779 24 06
 
ブリュッセル在住日本人に一番有名な歯医者さんはウーテ先生と思われます。日本人が住んでるエリア(ストッケルとオーデルゲム)からちょっと遠いのが難点かな・・・

Ute Eigeldinger
02-640-83-80
341Av.Louise,1050
日本語通じるそうです。

 子供の検診はONEでもしてもらえます。ONEの詳細はこちら★

 

blog.live-dream.com